―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ストレスニキビの原因に直接効く治し方とニキビ予防法ガイド

大人のニキビは思春期ニキビと違って寝不足やストレスが原因で出来る事が多いです。大人ニキビができる場所も特徴があり薬だけでは治りづらいことも。ストレスニキビに効く治し方と今後大人ニキビを作らないためのニキビ予防法をお伝えします
トップページ > 角栓で毛穴が詰まることが、白コメド

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

最終更新日:2017/09/27

角栓で毛穴が詰まることが、白コメド

角栓で毛穴が詰まることが、白コメドの原因のひとつになります。

気にしてしまい、ついつい指で角栓をはさむようにして押し出すと、そこが赤ニキビ跡になる原因となってしまいます。

角栓をつくらないように、また、悪くさせない為には、肌の保湿をしっかりすること、余計な皮脂の詰まりを防ぐことが、重要です。

白コメドがなぜできるのか?その原因のひとつに、お肌の乾燥があります。

肌の余分な油脂のせいじゃないの?と不思議に思う人も少なくないかもしれません。もちろん、余分な油脂によっておこる毛穴の詰まりも原因のひとつとなっているのは事実ですが、だからといって油脂を落としすぎると、今度は肌が乾燥してきて、それが原因でコメドができてしまうのです。妊娠してすぐの時期にはホルモンバランスが乱れてしまうことから非常にニキビが出来やすい肌状態になります。

また妊娠に伴う精神的ストレスも白ニキビが出来てしまう原因になります。

ですがだからといって、抗生剤といったものの使用は出来ません。正しくホルモンバランスを整えていられるように、とにかくこの時期はリラックスをして、安静に体を休めておくようにしましょう。ニキビなどは誰しもが素早く改善したいものです。

ニキビを素早く治すためにも、ニキビは触らないようにすることが大事です。

雑菌が付いて汚い手で軽はずみに触れてしまうと、ニキビが悪化しますし、触りすぎてしまうとお肌のほうを傷つけてしまいます。

吹き出物が出来てしまうと気分が落ち込みます。

でも、実はお肌の調子って腸内の調子と深く関係があるらしいので、腸内の環境を良くしたら、結構きれいに消えてなくなります。

まずは、快便生活を送るためにバナナなどの食物繊維が豊富なものを食べて、いらないものを体から排出していったら、吹き出物も消えてなくなります。

母親がすごくニキビ肌で、私も中学校の時からニキビに悩まされ、二十歳を越えた今でも、よく白ニキビができてしまうので、お手入れは意識してしています。

また、三歳になる娘もすでに鼻周辺の毛穴に角質がつまり始めています。

残念なことに絶対に赤ニキビのできやすい肌になりそうです。遺伝は恐怖に値すると思いました。

ニキビになりやすいとお悩みの方には体質改善を目指す事をお勧めします。吹き出物が出る誘因としては甘味や脂質が多い食べ物を服用することが挙げられます。

それらを僅かでも食べないというのは困難ですが、野菜や発酵食品などをたくさん食べる事によって消化能力が上がり、体質改革にも繋がります。

女性特有の赤ニキビを起こすと考えられるひとつの原因に女性ホルモンの調節機能の乱れが関与しています。

女性ホルモンのバランスは、ストレスを受けるとすぐに乱れを生じてしまうと知られています。生理前は特別女性ホルモンの分泌を大きく乱してしまいます。

生理前にニキビの悩みを抱える女性が多いのもこの女性ホルモンの乱れの仕業なのです。

ご存じないかもしれないですが、顔の他で、意外にも白ニキビができやすいところは背中なんです。背中は自分で確認が困難な場所です、赤ニキビには、気づかないことがあります。しかし、背中の赤ニキビでもケアをしっかりしなければ跡になってしまうかもしれません、気をつけなければいけません。

炎症を起こした状態のニキビは、洗顔の時などに少し指で触っただけでも痛みや刺激を感じるようになります。そのため、炎症を起こしている場合は、どれほど気になったとしても絶対に指で触らないでください。

触ってしまうと痛いだけでなく、雑菌が指から入ってしまい、もっと炎症がひどくなることがあります。

赤ニキビをできる前に予防したり、できたコメドをなるべく早く改善するには、バランスの良い食事を摂っていくことが重要です。中でもとくに野菜をできるだけ意識して摂取することは大変重要なことだと思います。

野菜にはビタミンやミネラルなどがたっぷりと含まれているから、それらを頭に入れて食べていくのが理想の形です。コメド予防で気を付けないといけないのは、菌がつかない環境をつくることです。

ファンデーションのパフに汚れが付きっぱなし、枕カバーを不潔にしている、手で直接肌に触れるといったことは、雑菌を塗ってしまっているようなものです。

常に清潔にいれるように注意を払いましょう。

ニキビが前髪のあたる辺りにたくさん出てしまった時に、人に会いたくなくなる程の状態だったので、皮膚科に行ってみることにしました。

医師から、これを処方しますので、塗って経過を観察して下さいと言われ、ステロイド系の薬が向いているとの診断で、処方されました。

ステロイド系の塗り薬は効果覿面ですが、刺激があるので、状態の改善が見込めたら塗布する割合を僅かにしないと駄目なそうです。

つやつやお肌を保ちつつ、きれいに落とすことが、ニキビに対抗するには欠かせません。

大人ニキビの場合はひときわ、主要因が乾燥だとされているため、皮脂を取り除きすぎない洗顔がポイントです。

それをかなえてくれるのが、牛乳石鹸です。ミルクバター配合の牛乳石鹸、それは、肌に潤いキープで汚れを落とせるので、効き目のあるコメドケアになります。

ここのところ、重曹がニキビケアに効くと注目されています。弱アルカリ性の重曹には油分を分解する性質があるため、洗顔料に重曹を加えて洗顔することで、汚れた毛穴や角質をお手入れすることができ、ニキビ治療に効果的に働くと期待されているのです。ただし、研磨効果のある重曹を入れた洗顔料を使うと肌を傷める恐れもあるため、注意を払いながら試す必要があります。パピュレといった最近はニキビケア専用の洗顔フォームや化粧水など、ニキビに効き目があるとされる商品がドラッグストアなどで売っています。

しかし、品数が豊富にあるため、自身のニキビに合う商品を発見するのは難しいです。試供品などがもらえれば試供品を一度試してから自分の肌に合っていると思えば「買う」というようにするといいのではないでしょうか。ニキビが発生すると潰すのが常のようです。

しかし、跡が気になるから潰すな、というのが常識的な意見です。

極力早く治すには、アクレケアなどのニキビ専用の薬がベストかと思います。

潰したニキビ跡にも効果があります。洗顔後に化粧水・乳液を塗って、ニキビだけに薬を塗ります。

ニキビと食事は切っても切れないほどつながっています。

正しい食生活をすることはニキビも改善されます。

食事は野菜中心の献立にして、ビタミンやミネラルをじゅうぶん摂取しましょう。

食物繊維が豊富な野菜を食べることは、便秘解消という観点でも、ニキビを減らす効果があります。

ニキビは思春期にさしかかると出始める症状で、赤ちゃんには発生しません。赤ちゃんに度々起きるのは、よく聞くのはオムツかぶれなどのかぶれがあります。実際、赤ちゃんの肌は、大変敏感で、間髪いれずにかぶれができてしまいます。

ニキビとかぶれは似て非なるものです。

赤ちゃんの肌に何か異常ができてしまったら、できれば早めに病院を受診してください。

何をしてもにきびが出来てしまうときには、これまでのケアの仕方を変えて、ニキビの根本的な原因を取り除いてくれるケアをしていかなければなりません。なぜニキビが繰り返されるかというと、体内のホルモンバランスが一定でなかったり、暴飲暴食、化粧品が肌に合っておらず、それが原因となって毛穴が詰まってしまっているなど、原因は一概には言うことができません。

何がニキビの原因になっているのかを見極めて、その原因が取り除かれるようなケアをしていきましょう。

私自身、ニキビ予防に効く飲み物は、まだ知りません。でも、強い炭酸飲料や辛い飲み物などは、肌を刺激して肌トラブルに繋がるので、やめておいた方が安全です。

ニキビと肌荒れは異なりますが、肌のために良くない事をすると、ニキビをひどくする原因にも繋がるのです。

吹き出物を予防するために、朝食で、果物を摂取するようにしています。

その時期の旬のフルーツを必ず食べています。

食事で果物を摂取するようになってから、お肌を褒める人が多くなり、生理前でも、最近は吹き出物が発生しなくなりました。便秘が治ったことも、吹き出物が発生しなくなった一つと考えることができるかもしれません。

実は白コメドは10代までの若い子だけの言葉で、20歳を過ぎた人はコメドではなく吹き出物といわなければならないなんていう話をよく聞きます。

この前、何年ぶりかで鼻の頭に大きな吹き出物ができたので、主人に、「ニキビができたの」と話すと、笑いながら、「まだニキビなんて言ってるの?」と、言われました。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

2014 ストレスニキビの原因に直接効く治し方とニキビ予防法ガイド All rights reserved.