―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ストレスニキビの原因に直接効く治し方とニキビ予防法ガイド

大人のニキビは思春期ニキビと違って寝不足やストレスが原因で出来る事が多いです。大人ニキビができる場所も特徴があり薬だけでは治りづらいことも。ストレスニキビに効く治し方と今後大人ニキビを作らないためのニキビ予防法をお伝えします
トップページ > 私が成人になった時、背中が大変な痒みで見

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

最終更新日:2017/09/27

私が成人になった時、背中が大変な痒みで見

私が成人になった時、背中が大変な痒みで見てみると、無数の吹き出物が確認できたんです。

すぐに皮膚科に行きました。

診察をして、先生から、「この状態はニキビです。

こうなったのは食生活の偏りなんですが、脂もの中心の食生活になっているんじゃないですか?」と通告されてしまいました。チョコがどの食べ物よりもニキビができやすいそうです。

思春期頃、赤ニキビはできやすく、赤ちゃんにはできません。赤ちゃんに度々起きるのは、一般的なのはオムツかぶれなどのかぶれと言えます。赤ちゃんの肌は、とても繊細で、すぐにかぶれが起きてしまいます。

ニキビはかぶれとは同じではありません。

赤ちゃんの肌に何か異常ができてしまったら、できるだけ早く医師の診察を受けてもらってください。おかあさんがとてもニキビ肌で、私も中学時代からコメドに悩み、二十歳を越えた現在でも、ニキビができやすいので、お手入れは意識してしています。また、三歳になる娘もすでに鼻周辺の毛穴に角質がつまり始めています。あわれなことに絶対にニキビのできやすい肌になりそうです。

遺伝は恐ろしいなと思いました。

ニキビを予防するために気をつける事は、雑菌の温床にならない環境を生み出すことです。ファンデーションのパフに汚れが付きっぱなし、枕カバーを長年洗っていない、手で肌に触る等は、顔に菌を塗っているのと同じです。

いつもに清潔にできるように気を付けましょう。白ニキビは潰しても問題ないのでしょうか。

実は、潰しても問題ない状態のニキビと潰してはダメなニキビとがあります。潰してしまっても良い状態のニキビとは、ニキビの炎症がそろそろ落ち着いてきて、膿が白くなり盛り上がってきている状態のものです。

そのような状態になったニキビは、膿が出てこようと芯ができ初めている状態ですから、針や専用危惧を使って行うのであれば、潰してしまっても良いでしょう。10代の時、チョコやスナック菓子をたくさん食べると翌日にはニキビになっていました。

食べ物がてき面に影響するんだ、と経験したものです。それ以降、年齢をかさねるとともに、食べ物にも注意するようになり、チョコレートやスナック菓子などには目を向けないようにしています。

そのおかげか赤ニキビも完全に発生しなくなりました。

赤ニキビができてしまう理由のひとつに、乾燥が含まれています。

肌の余分な油脂が理由じゃなかったの?と不思議に思う人も少なくないかもしれません。

当然、余分な油脂による毛穴の詰まりも原因のひとつではありますが、だからといって逆に油脂を落としすぎてしまうと、今度は肌が乾燥しすぎて、それが原因でニキビができてしまうのです。

ご存知かもしれないですが、コメドを予防するには、たくさんの方法があります。

一番最初に思いつくのは、洗顔だと思います。

ただ水で洗顔するだけでなく、薬用ネクアなどの洗顔フォームを利用して洗うと、よりニキビ予防につながります。

洗顔した後は、化粧水を使うことで、コメドの予防にはより良いでしょう。ニキビが炎症を起こしてしまった場合、顔を洗う場合などにちょっと触っただけでも痛みを感じたり刺激を感じたりします。

そのため、ニキビが炎症を起こしてしまったら、どれほど気になったとしても指で触ったりすることは絶対にやめてください。指で触ると痛いだけではなく、雑菌が指から入ってしまい、ますます炎症がひどくなります。肌の潤いキープで、きれいに落とすことが、ニキビケアの必須条件。ことに大人ニキビの場合は、乾燥はもってのほかとされているため、洗顔は皮脂を取り除きすぎないことが重要になります。牛乳石鹸ならそれができます。

ミルクバターたっぷりの牛乳石鹸なら、肌の潤いキープ&汚れ落としで、ニキビ予防に有効なのです。

特にコメドというものは再発のしやすい肌のトラブルとなっています。

キレイに治ったからといって暴飲暴食などの不摂生をしていると、すぐにまたニキビはできてしまいます。

繰り返し赤ニキビができないようにするためには、清潔な肌を保つようにし、暴飲暴食といった生活をせず、十分に睡眠を取っていく事が大事だと思います。

ニキビにヨーグルトは良いものではないといったことが言われていたり、逆に良いとされますが、このような情報の真偽は明らかではございません。

ある特定の食品だけに頼るのではなく、日頃から栄養バランスの取れた食生活を努めるようにすれば、ニキビ予防へと繋がると思っています。角栓が毛穴をふさぐことが、ニキビをつくる原因のひとつなのです。

気にしてしまい、ついつい指で角栓をはさむようにして押し出すと、そこがニキビ跡になる原因となってしまいます。角栓をつくらないように、また、ひどくさせない為には、しっかりとした保湿を怠らないこと、余計な皮脂の詰まりを防ぐことが、大切なことなのです。

皮脂腺の炎症を予防するために、私は毎朝、果物を摂取するようにしています。その季節の旬の果物を欠かさずに摂取しています。食事でフルーツを摂取するようになってから、肌を褒められるケースが多くなり、生理前でも白ニキビが発生しなくなりました。便の通じが良くなったことも、吹き出物ができなくなった理由の一つと推測できるかもしれません。ニキビをできる前に予防したり、出来たニキビを正しく改善させるには、栄養バランスのしっかりと取れた食事を食べることが大切です。中でもとくに野菜をできるだけ意識して摂取することは極めて大切なことです。

野菜にはミネラルやビタミンが豊富に含まれているから、それらをしっかり意識して摂ることが理想となります。

繰り返しニキビができてしまう場合は、単に今ある白ニキビを治すという考え方を変えて、ニキビの本来の原因を排除する一番適した方法を見つけなければなりません。

慢性的な赤ニキビの原因として、乱れたホルモンバランスや悪い食習慣、化粧品が肌荒れを起こしてしまっている等、ニキビの原因には様々なものがあります。慢性的なニキビの理由に正面から向き合い、その原因にあった方法でケアをしましょう。

白く化膿したニキビを見つけると、気になって触ってつぶしてしまいます。

ニキビの中からニキビの芯が出てくるのが大好きなんです。

ただ、五回に一回はつぶしても失敗して根っこが残り、無理にでも中身を出そうとして、消えないニキビの痕跡が残ります。その赤ニキビの後の可哀相な肌を見ながら、ニキビをつぶしてしまったことを反省するのですが、ニキビが白く膨らんでいるのを見ると自分を抑える事が出来なくなって、また中身を出してしまうのです。ニキビが出来た後によくあるのがクレーターのような肌のくぼみや肌が黒っぽくなることです。

クレーターの悩みはきちんと皮膚科で治療しないと解決しませんが、黒ずみのトラブルは美白化粧品で時間をかけて薄くするという治療もあるのです。

ひどいニキビができてしまった時には、洗顔石鹸でピーリングを行うようにしています。

初めてピーリングを行ってみた時には、肌にヒリヒリとした感じがありました。

それで、怖くなってしまってすぐに止めることにしたのですが、肌が正常になったら、そんなヒリヒリとした感じはきれいに消えて、キレイにニキビが改善できました。

それからは、白ニキビができるとピーリングをするよう心がけています。ニキビは男女を問わず難しい問題です。

ほんのわずかでもニキビを作らないための方策をとっている人は大勢いると思います。

ニキビのお手入れ法として有効なものの一つに水洗顔という方法があります。

ニキビができたからと言って、洗顔を何度もしてしまったり、洗浄効果の高い洗顔料で洗顔したい気持ちになりますが、これは危険なのです。

昔、ニキビが顔の上部にいっぱい出てきてしまった時に、友達にも心配されてしまいそうな状態だったので、治療をしてもらうことにしました。

医師から、薬を処方するので、塗って経過を観察して下さいと言われ、ステロイド系の薬が向いているとの診断で、処方されました。

ステロイド系の薬はすぐに効果が現れますが、強い薬の為、患部が治ってきたら塗る回数を少なくしていかなければならないそうです。

ニキビを気にしているからといって洗顔をあまりにし過ぎると、本当は必要だった油脂まで落としてしまい、かえってニキビの原因となってしまいます。

どんなに多く見積もっても洗顔は一日に二度ほどにしておきましょう。肝心なのは洗顔を十分に泡立てて、肌に直に手を触れずに、あくまで泡自体で洗顔を行うこと、さらに洗顔後は即保湿を行うことです。

ニキビ化粧水には、プロアクティブなどのセットなどもあります。

ご存知かもしれませんが、コメドはアクネ菌のせいでできるので、メイク用のスポンジやフェイスタオルなどを2人以上で共有したり、肌に直接触れてそのまま洗わないで放っておくと、ニキビの原因であるアクネ菌がうつる可能性も少なくありません。また、手で自分のニキビを触って、顔を触ってしまうと、その場所にも赤ニキビができることがあるでしょう。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

2014 ストレスニキビの原因に直接効く治し方とニキビ予防法ガイド All rights reserved.